中国製品は輸入代行業者を仲介してリスクを軽減するのがオススメ

サイトマップ

中国茶

個人でも輸入代行サービスを使うことは可能です

中国のお金

輸入代行といえば、企業同士の仲立ちをして商品の買い付けと仕入れをしてくれるというイメージがあるかもしれません。しかし、実は個人でも輸入代行を利用することは可能です。最近ではテレビやインターネットなどで海外の商品が紹介されることが増えてきました。そこで日本ではまだ販売されていない商品などを手に入れたいと思うこともあるでしょう。そうなると個人輸入の手続きをとらなければなりません。個人輸入は海外の取り扱い会社と現地の言葉でやりとりをしなければなりませんし、関税などの法規の問題も絡むややこしいものです。
そんな時にも輸入代行業者は頼りになります。企業間での仲介のほか、企業と個人、さらには個人同士での契約などでの輸入の仲介もしてくれる輸入代行業者というのが存在します。
個人で輸入代行を利用するときは、必ず現地の事情に明るい業者を選んでください。中国の企業との間で個人輸入を行いたいのなら、中国輸入代行業者を利用することが大切です。中国と日本両方の言葉や法規に詳しい業者を選ぶことで安心して個人輸入が行えるはずです。後々の面倒なトラブルを避けるためにも買い付けと仕入れを行ってもらう場合の手数料などについても契約の前にしっかり確認しておきましょう。

輸入代行を利用してリスクの少ない取引をしよう

中国などの海外と初めて輸入取引を行う時、心配になるのがトラブルです。商品の不良や納期の遅れなどの買い付けと仕入れに関するトラブルは発注した商品が多くなればなるほど、会社に大きな損害を与えることとなります。そのようなトラブルを回避するためには契約前の入念なリサーチと双方の契約内容の確認が必要となります。
しかし、中国語や英語などで相手方の企業とやりとりを行うのが難しい場合もあるでしょう。日常会話程度の語学力を持っていても、契約などの専門用語となると思惑の行き違いも生じやすくなります。そんな時、中国輸入代行業者を利用すれば間に入って契約のやりとりを行ってもらうことができます。中国輸入代行業者は日本と中国それぞれの言語や輸入のルールなどについて熟知しているスタッフを揃えています。
また、輸入についての経験値も高くトラブル回避の方法や対応策についての知識も豊富です。単に買い付けと仕入れを代行してもらうだけにとどまらず、トラブルが生じそうになった場合の相談役としての機能も果たしてくれるのです。もちろん、輸入代行を依頼する場合は手数料が必要になります。その他の契約についての面倒な手続きも代行してもらう場合は更に別料金が加算されることもあるでしょう。しかし、その料金でトラブルを回避できるという安心感を得ることができるのです。

商品を格安で仕入れるなら輸入代行業者がおすすめ

小売店などで商品を格安で買い付けと仕入れを行いたいなら、最近は中国製品を考える方も多くいます。でも実際に自分自身で買い付けと仕入れを行うというのはハードルが高いと感じる経営者の方が大半です。何かの伝手がないとどこから探してよいか分かりませんし、中国語ができなければ実際の交渉を有利に進めることも難しくなります。
そんな時に頼りになるのが中国輸入代行業者を利用することです。メリットは何といってもそうした代行業者は様々なノウハウを有しているため、低コストでの安定した仕入れを期待できる点です。また最近では、商品リサーチだけでなく大手通販サイトが管理する拠点に納品まで全部してくれる所もあります。
ですから買い付けコストを抑えるだけでなく配送コストも大きく引き下げることができます。また輸入代行業者を使うことで、こちらは日本語で要望や指示を伝えることができますので、よりイメージ通りの商品を手にすることができる確率が高くなるのです。また将来的に中国の生産工場やメーカ側と代理店契約を結びたいという経営者の方にとってもメリットがあるものです。
低コストで良い品を大量に仕入れしたいなら、輸入代行を利用することに大きな利点があります。時間や労力という貴重な経営資源を節約するためにも代行業者を使うことは考えてみるべき点です。


中国からの仕入れを検討している皆様な、低価格で安心して中国輸入代行を行ってくれる『BANRI』がおすすめです!様々な理由からの依頼に対応しておりますので是非一度『BANRI』をご利用ください!